大工業がどのような求人を出しているのか探してみよう

様々な制度がある大工の求人を見て魅力を探そう

求人が多くなっている大工業

日本では近年災害復興やオリンピックなど、様々な点で大工が活躍する現場が増えてきています。そのため、求人も多く募集されています。どういった内容の求人が多いかを調べてみましょう。

大工業で募集されている求人ランキング

建設現場
no.1

建物作りに欠かせない大工や設備工

建物を建てたり、リフォームする際に必要不可欠な大工や設備工は、求人募集も多く出されています。また、その多くが見習いからと記載されていることもあり、未経験者でも1から学ぶことができます。

no.2

スタッフの安全や現場の安全を見極める施工管理

施工管理の仕事は、現場やスタッフ、設備や備品など様々な点を確認し、管理する業務になります。そのため、経験者が多く募集されますが、人材育成のために未経験者を募集していることもあります。

no.3

現場スタッフとお客さんの架け橋になる事務員

通常の事務員はオフィスでの業務が主になりますが、大工業などでは事務員が現場スタッフや管理者とお客さんの架け橋になる立場になります。

大工業がどのような求人を出しているのか探してみよう

建設現場

大工の魅力を知っておこう

大工のイメージは多くが大変な作業と感じるものばかりです。確かに大工の仕事は他の仕事などに比べると肉体的負担が大きくなります。しかし、自分たちの手でものを作ることができる達成感を味わうことができます。

間取り

女性の大工も増えてきている

男性ばかりだった大工業ですが、最近では女性の大工も多くなってきました。建築の際に女性目線からものごとを考えることができるため、意見やデザインの幅も大きくなります。

男性

独立を支援する企業が増えた

大工は多くが親方と呼ばれる立場があり、その下に弟子がついている状態です。しかし現在は、大工として働く人材が不足しています。そのため、多くの企業では親方して独立するための支援に力をいれています。

大変だからこそ完成した時の達成感が大きい

大工仕事はどうしても肉体労働となるものばかりで、大変な作業が多くなります。しかし、建築を完成させた時の達成感やお客さんの喜ぶ姿を見ることができるのもまた、大工の特権となります。

広告募集中